<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

どうせなら 健康で美しく 人生を謳歌したいですよね♪

自然の力だけを使って 楽しく健康になれる 「江戸風呂」
心も体も癒される他にはない場所です♪

その「江戸風呂」を より愉しもうとされる方が 嬉しいことに♪
日に日に多くなってきています。
「江戸風呂」入浴 + 江戸風呂オプション をされる方が増えています。

オプションには タラソテラピーや蓬座浴・美肌パックなど・・・
どれも添加物など一切入っていないもので作ったものばかりです。
天然のオプションも なかなか他では体験できないものだと思います。
是非 江戸風呂に来られた際は、各種オプションも体験してみてください!
d0144089_167311.jpg
↑仲間でわいわい愉しめますよ(^v^)♪
[PR]
by kokokara-kansya | 2008-11-27 16:21 | 健康が全てではないけれど・・・

彦浦で

  先日、スタッフとある方とで、彦浦を訪れました。ご存知の方もおられると思いますが、彦浦は「閃きの門」とも云われ、砂浜に座り、目を閉じ、ゆっくりと呼吸・・・潮騒がとても心地よく、余計な感情や考え事を取り払い、ひたすらゆっくりと自分の呼吸に意識を向けます・・・ ・・・   
 気が付けばすっかり時間が経ち・・・寝てた?・・・とても気持ちの良い空間にいました。
 門をみることは出来ませんでしたが、たくさんの色があり不思議な感覚でした。
 何かの知恵が欲しいとき、自分自身を見つめたいとき、方法は様々ですが、仙酔島に来られる際には彦浦まで足を運んでみてはいかがでしょうか(^^ 少し離れた場所ですが、離れた場所に行くからこその何かだと思ったりします(^^)
[PR]
by kokokara-kansya | 2008-11-19 16:39

仙酔島 写真展

夕陽や朝陽がキレイな色に染まる季節になりました。
写真好きな夜勤さんが 撮った
仙酔島の写真を少しご紹介致します!!

d0144089_162932.jpg

↑太子殿より望む朝陽。春分の日には仙酔島から登るのですが 今の時期はだいぶ西よりですね。
d0144089_1623829.jpg
↑グリーンライン中腹より・・・海に浮かぶ島々と霧がかかった感じがキレイです♪
d0144089_1632110.jpg
↑こちらもグリーンラインより。秋の額入りの仙酔島です。
d0144089_1635012.jpg
↑「ここから」テラスより。夕陽・・・
d0144089_1635986.jpg
↑太子殿より。夕焼けと鞆の浦の町の夜景。

刻々と変わる景色。
ぼーっとお部屋や浜辺で眺めていると
刻をすっかり忘れてしまします・・・
[PR]
by kokokara-kansya | 2008-11-13 16:42 | .*+仙酔島の自然+*.

美と健康の為に

私達の会社は
健康が全てではないけれど、愉しい人生を過ごしていくことを考えた時に、
心や体が健康でなければ、何かをするにしても、意欲がわかないと考え、
お食事やお風呂などの施設を通じて、健康にチャレンジしようと考えています。

そんな会社のもと いろいろな健康についての話を聞き
スタッフである私自身が感じるのは 知らないという恐さ(’~`;)

今の時代 いつでもすぐに おいしいものが簡単に食べられるという便利な世の中ですが、
その代わりに いろいろな食材の中に 体に有害な添加物が入っていたり、
洗剤やシャンプーなどの薬品からも 体には悪影響を受けています。
体の中から そして外からも 毒素を 実は体内に溜め込んでいるのを
気付かずに 生活している方がどれだけいらっしゃるのでしょうか・・・。

日常生活で ストレスやいろんな毒素を溜め込んでしまっている
より多くの方に 日常生活のいろんな恐さに気付いて頂き、
江戸風呂や海水風呂などの施設での毒素排出や
玄米やよもぎの解毒作用など 日常生活にも活かせる情報も
お伝えできればと考えています。


まだ 思案中ですが 皆様により美しくより健康になっていただくための
新しいプランがもうすぐスタートします!!(≧▽≦)/



↑の余談です。
私自身が感じたことですが、自分がアトピーであろうと冷え症であろうと
「自分の為に・・・」と 日常生活を変えるのは
なかなか長続きしません・・・;。私の場合です・・・
でも やっぱり 「好きな人や自分の子供には健康でいて欲しい。」
そう考えると頑張れるものですね。
だから 大切な人が出来たり、母になり 家族の生活を家事で支える
女性の方には特に知っておいて頂き 生活に役立てて頂きたいと思うのです(^v^*)
[PR]
by kokokara-kansya | 2008-11-11 17:24 | 健康が全てではないけれど・・・